多発性嚢胞腎

末期腎不全による人工透析で障害厚生年金2級を取得、年間180万円を受給できたケース

男性(50代) 会社員 傷病名:末期腎不全 居住地:横浜市 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 障害基礎年金 : 年間180万円 相談時の相談者様の状況  多発性のう胞腎の家系であり、日頃から遺伝の可能性を心配していました。拡張性心筋症で横浜市立大学附属市民総合医療センター心臓血管センターを受診していたところ、腎機能の低下を指摘され、腎臓内科を受診することとなりました。検査の結果 続きを読む

慢性腎不全で障害厚生年金2級を取得、年間147万円を受給できたケース

男性(40代)会社員傷病名:慢性腎不全居住地:横浜市決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級受給額:年間147万円 相談時の相談者様の状況 7年程前背中の激痛に襲われ、救急搬送されたところ多発性嚢胞腎と診断されました。 その後痛みはあったものの、2年程は通院せず生活していましたが、再び激痛に襲われ受診したところ高血圧を指摘され食事療法をしながら通院していましたが、クレアチンの数値が上がり始め 続きを読む

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864