慢性腎不全で障害厚生年金2級を取得、年間147万円を受給できたケース

男性(40代)会社員
傷病名:慢性腎不全
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額:年間147万円

相談時の相談者様の状況

7年程前背中の激痛に襲われ、救急搬送されたところ多発性嚢胞腎と診断されました。

その後痛みはあったものの、2年程は通院せず生活していましたが、再び激痛に襲われ受診したところ高血圧を指摘され食事療法をしながら通院していましたが、クレアチンの数値が上がり始め血尿も出るようになりました。

背中の痛みに我慢が出来くなり受診したところ入院となり、透析を行うこととなりました。

現在週3回透析を行いながら勤務している状況でした。

相談から請求までのサポート

相談は奥様がいらっしゃいました。

初診は7年前で、大きな病院でしたのでカルテは残っており初診証明もスムーズに取ることができました。

結局ご本人とは一度もお会いしませんでしたが、奥様を通じて特に問題なく進めることができました。

結果

障害等級2級を取得し、年間147万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「内科系の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864