副作用

子宮体がんで障害厚生年金2級を取得、年間144万円を受給できたケース

女性(50代)無職傷病名:子宮体がん居住地:横浜市決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 年間受給額144万円 相談時の相談者様の状況 生理不順と不正出血、腹痛の症状がではじめたので、婦人科で精密検査を受けたところ、医師より子宮体癌の告知を受けました。 会社を休職し、子宮摘出等の手術を受けましたが、腹の痛みやむくみ・つっぱり感、ホルモンバランス障害の症状が出るようになりました。 職場復帰 続きを読む

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864