一時的な人工肛門の造設の為社労士に断られ続け困り果てて弊所にて相談、申請した結果障害年金3級を取得、年間105万円を受給できたケース

相談者:男性 (50代)会社員
傷病名:直腸癌
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 年間受給額105万円、遡及額70万円

相談時の状況

血便が出るようになり、痔だと思って放置していましたが、血便が止まらず体力も落ちてきたので、病院で診断を受けたところ直腸癌だと診断されました。

治療方針としては一時的な人工肛門の装着だったので、障害年金の申請は無理だと周りから言われ、何人かの社労士にも相談しましたが否定的な意見ばかりで諦めかけていましたが、当事務所のHPを見られてご相談に来られました。

依頼から請求までのサポート

人工肛門を装着中なので定期的に見直しが入りますが、通常に請求できることをアドバイスいたしました。

結果

障害等級3級を取得し、年間105万円、約8ヶ月の遡及で70万円を受給されました。

人工肛門を装着すれば、障害年金等級3級を取得できますので、現在このサイトをご覧になっている方で、人工肛門を装着されている方がいらっしゃれば、ぜひ当事務所までご相談ください。

 

 

受給事例の最新記事

咽頭がん・肺がん・直腸がん等の最新記事

障害年金無料 相談会受付中! 045-594-8864 受付時間 9:00-20:00(土日・祝日応相談) 無料相談会予約無料メール相談
あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断実施中! 簡易1分受給診断 障害年金無料診断 キャンペーン