障害者枠雇用

中度精神遅滞・広汎性発達障害で障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給できたケース

女性(20代):障害者雇用 傷病名:中度精神遅滞・広汎性発達障害 居住地:神奈川県 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 受給額:年額78万円 相談時の相談者様の状況  出生前に遺伝子異常を指摘されていました。3歳児健診では発語がないことを指摘され、4歳で愛の手帳B2を取得しました。小学校、中学校は支援学級に入学し、卒業後は養護学校に入学しました。卒業後、グループホームに入居し、障 続きを読む

自閉症スペクトラムで障害厚生年金3級が認められ、年額58万円を受給できたケース

男性(20代) 会社員(障害者雇用) 傷病名:自閉症スペクトラム 居住地:横浜市 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 受給額:年額58万円 相談時の相談者様の状況  新卒採用として就職しましたが、仕事を覚えることができず、上司と居ると萎縮して正常な判断ができなくなっていきました。この状態が長く続いた為、クリニックを受診することにしました。自閉症スペクトラムと診断され退職となりまし 続きを読む

年金事務所と相談しながらてんかんで申請するも不支給。弊社で手続きを行い、知的障害で障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給できたケース

女性(20代)障害者雇用 傷病名:知的障害 居住地:横浜市 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 受給額: 年額78万円  相談時の相談者様の状況  1歳時、自宅2階の窓から1階へ転落し、救急搬送され、脳挫傷、急性硬膜下血腫と診断されました。数回の手術の後、シャント術を受け、てんかん予防薬の処方等で受診していました。幼稚園では作業が遅かったり、ダンスの習得などにも時間がかかり、説明 続きを読む

自閉症、軽度精神遅滞で障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給できたケース

男性(20代):障害者雇用 傷病名:自閉症、軽度精神遅滞 居住地:横浜市 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 受給額:年額78万円 相談時の相談者様の状況  2歳になっても言葉が出ない為、受診したところ自閉症の疑いありと言われました。幼稚園では言葉での理解が難しいため、絵カードや写真を使って日々の予定を伝えていました。小中学校と個別支援級入学しました。偏食や感覚過敏も顕著で、普段 続きを読む

軽度知的障害で、障害基礎年金2級を取得、年間78万円を受給できたケース

女性(20代):無職 傷病名:軽度知的障害 居住地:横浜市 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 障害厚生年金 年間受給額:78万円  相談時の相談者様の状況  小学生の時、担任より、集団不適応やこだわりの強さ等の指摘を受けました。検査の結果、IQ79でしたが、卒業までは普通学級に在籍しました。中学でも普通学級に入学しましたが、問題行動があった為、個別級を勧められましたが、卒業まで 続きを読む

自閉症で障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給できたケース

男性(20代):障害者雇用 傷病名:自閉症 居住地:横浜市 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 受給額:年額78万円 相談時の相談者様の状況  1歳半健診時、異常を指摘され、療育センター通所を勧められました。知的障害を伴う自閉症と診断され、その後てんかんも指摘され、それ以降年1回脳波検査をするようになりました。小中高と特別支援学級で過ごし、高校卒業後は障害者雇用枠で食品製造の会社 続きを読む

ADHDで障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給できたケース

男性(20代) アルバイト 傷病名:ADHD 居住地:横浜市 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 受給額:年額78万円 相談時の相談者様の状況 様々なアルバイトをしましたが、どの仕事もうまくいかず、自分から辞めてしまうか、クビになり、半年以上続いた仕事はありませんでした。この様な状況が続き、引きこもりとなったため、母親の付き添いでクリニックを受診したところADHDと診断されました 続きを読む

軽度知的障害で障害基礎年金2級を取得、年額78万円を取得できたケース

女性(20代) 無職傷病名:知的障害決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級障害基礎年金 年間受給額:78万円 相談時の相談者様の状況 幼少期より特に異常は指摘されていませんでしたが、中学1年時、担任より集団不適応、他生徒とのテンポの違い等が気になるとの指摘を受けました。それと同時に家庭内における生活面でも反抗的になったり、安易に嘘をついてごまかすようなことが増えたりと問題行動があった為、特別 続きを読む

支給停止事由消滅手続きにより障害厚生年金3級の支給が再開されたケース

男性(40代)正社員傷病名:小脳出血決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 相談時の状況 小脳出血により肢体障害となり、障害等級3級の障害厚生年金を受給していたところ、昨年の更新手続きにより障害状態に該当しないとされ支給が停止されてしまったとご家族からご相談を受けました。障害を負って以降は同じ職場で就労しているものの現場からは外されてしまい、障害者雇用に切り替わっているため、障害年金が停止さ 続きを読む

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
お問い合わせ
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864