下肢切断

糖尿病性壊疽で左下肢膝下から切断し、障害厚生年金2級を取得、年額182万円、遡及で229万円を受給できたケース

女性(40代):会社員 傷病名:左下肢切断 居住地:神奈川県 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 受給額:年額182万円、遡及額229万円 相談時の相談者様の状況  左足の中指の爪がはがれ、絆創膏を貼って様子を見ていましたが、中指が黒く変色したため整形外科を受診しました。しかし、うちでは手に負えないと言われ、大きな病院を受診したところ、重度の糖尿病と左足中指の壊死と診断されました 続きを読む

糖尿病が原因の慢性腎不全による人工透析と下肢切断とで障害基礎年金1級を取得、年間98万円を受給できたケース

男性(50代) 無職 傷病名:慢性腎不全 下肢切断 居住地:横浜市 決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級 障害基礎年金 年間受給額:98万円 相談時の相談者様の状況  健康診断で耐糖能異常の指摘を受けていましたが、仕事が休みにくかったことや自覚症状がないため受診していませんでした。やがて下肢の浮腫みを自覚し、近くの内科を受診しました。糖尿病性腎症ネフローゼ症候群の疑いで加療開始しま 続きを読む

左下肢壊死性筋膜炎による下肢切断で障害基礎年金2級が認められ、遡及で126万円、子の加算と併せ年額101万円を受給できたケース

男性(40代)無職 傷病名:左下肢壊死性筋膜炎 居住地:横浜市 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 受給額: 年額101万円 遡及額126万円 相談時の相談者様の状況      左足裏に痛みがありましたが、外見上傷や異常は見られませんでした。市販の鎮痛剤を飲んでいましたが、足に力が入らなくなった為、左足皮膚を確認したところ異常が見られたため救急入院しました。左足患部は壊死が進んで 続きを読む

糖尿病が原因の蜂窩織炎により左足を切断、肢体障害で障害厚生年金2級が認められ、年額189万円を受給できたケース

男性(50代)無職 傷病名:蜂窩織炎 居住地:横浜市 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 受給額: 年額:189万円 相談時の相談者様の状況    健康診断で高血糖を指摘され、受診しました。糖尿病と診断され、食事療法と薬物治療を行ないました。1年ほど通院したが自覚症状は一切無かった為、通院を中止しました。14年後、交通事故で入院しましたが、HbAlc12.3%を認め2型糖尿病と診 続きを読む

糖尿病が原因の慢性腎不全による人工透析と下肢切断との併合認定で障害基礎年金1級を取得、年間98万円を受給できたケース

男性(50代) 無職 傷病名:慢性腎不全 下肢切断 居住地:横浜市 決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級 年間受給額:98万円 相談時の相談者様の状況  健康診断で耐糖能異常の指摘を受けていましたが、仕事が休みにくかったことや自覚症状がないため受診していませんでした。やがて下肢の浮腫みを自覚し、近くの内科を受診しました。糖尿病性腎症ネフローゼ症候群の疑いで加療開始しましたが、糖尿病 続きを読む

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
お問い合わせ
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864