左下肢壊死性筋膜炎による下肢切断で障害基礎年金2級が認められ、遡及で126万円、子の加算と併せ年額101万円を受給できたケース

男性(40代)無職
傷病名:左下肢壊死性筋膜炎
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額: 年額101万円 遡及額126万円

相談時の相談者様の状況

     左足裏に痛みがありましたが、外見上傷や異常は見られませんでした。市販の鎮痛剤を飲んでいましたが、足に力が入らなくなった為、左足皮膚を確認したところ異常が見られたため救急入院しました。左足患部は壊死が進んでおり、壊死を止めるデブリードマン式洗浄手術を受けましたが、壊死の進行は止められず、担当医より切断を示唆されました。本人の希望で大学病院への転院したところ、人食いバクテリア感染による壊死だと診断され、左脚を切断しました。現在リハビリを終え、義足外来通院予定となっています。

相談から請求までのサポート

 HPの1分間受給判定よりお問い合わせがありました。人食いバクテリアにより左足を切断し、保険を切り崩して生活をしているため、障害年金を受給したいとの内容でした。手足の離断の場合、初診日から1年6か月前に離断をしていれば、離断をした日が障害認定日になります。ご相談者様はわずか2週間で切断手術を行っていましたので、遡っての請求が可能で、障害等級2級に該当するとお話をしたところ、ご依頼となりました。

結果

 障害基礎年金2級が認められ、遡及で126万円、子の加算と併せ年額101万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864