眼・聴覚・言語の障害

両眼緑内障で障害基礎年金1級を取得、年間97万円を受給できたケース

男性(50代) 無職 傷病名:両眼緑内障  居住地:町田市  決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級  受給額:年額:97万円 相談時の相談者様の状況 市役所で相談し、ご自身で請求をすすめていましたが、初診日の証明で進まなくなり、ご家族の方と当センターにご相談に来られました。ずっと国民年金の保険料も支払っているのになぜ請求できないのかとおっしゃっていました。幼少期からアトピーがあり高 続きを読む

網膜色素変性症による視野障害で障害基礎年金2級を取得、子の加算と併せ年額123万円を受給できたケース

女性(50代)主婦 傷病名:網膜色素変性症 居住地:横浜市 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 受給額: 年額123万円  相談時の相談者様の状況  頭を周囲にぶつけたり、つまずいたりすることが多くなり、見えづらくなった為、近医眼科を受診することとしました。検査の結果、網膜色素変性症疑いと診断され、大きな病院へ紹介となりました。検査の結果、網膜色素変性症と診断され、点眼薬が処方さ 続きを読む

役所で相談するも受給できないと言われ弊社にて相談。結果、感音性難聴で障害基礎年金1級を取得、年間98万円を受給できたケース

女性(20代) 学生 傷病名:聴覚障害 居住地:横浜市 決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級 受給額:年間98万円 相談時の相談者様の状況     3ヶ月健診にて耳の聞こえについて指摘を受け受診したところ、90デシベル以上であると診断されました。1歳時に障害等級3級の身体障害者手帳を取得し、3歳の時に人工内耳の手術を受けました。その後は月1回程度経過観察のため受診し、小学校卒業まで 続きを読む

網膜色素変性症で障害厚生年金2級を取得、年間116万円、遡及で39万円を受給できたケース

男性(30代) 会社員 傷病名:網膜色素変性症 居住地:横浜市 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 受給額:年間116万円、遡及額39万円 相談時の相談者様の状況  初めて人間ドックを受けたところ、網脈絡膜萎縮を指摘され、近医眼科を受診しました。眼底検査の結果、視野狭窄が認められ網膜色素変性症と診断されました。1ヶ月後の受診時、より大きい病院での精密検査を指示され、精密検査により 続きを読む

左聴神経腫瘍による聴覚障害で障害手当金を取得、155万円を受給できたケース

男性(30代):会社員 傷病名:左聴神経腫瘍 居住地:横浜市 決定した年金種類と等級:障害手当金 受給額:155万円 相談時の相談者様の状況  左顔面の感覚異常および左側頭部の頭痛が出現したため自宅近くのクリニックを受診し、MRI検査を実施したところ、腫瘍が確認されたため、総合病院を紹介されました。検査の結果、左聴神経腫瘍と診断されました。摘出手術が必要ですが、腫瘍が大きく、左聴力は喪 続きを読む

再審査請求で症状が固定されていないことが認められ処分変更により障害厚生年金3級が決定、年額94万円を受給したケース

男性(50代):会社員 傷病名:舌癌 居住地:横浜市 決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級に決定 受給額:年額78万円 相談時の相談者様の状況 舌癌により下顎の骨班側とした半分を切除し、障害厚生年金2級を受給されていましたが、その後、再建手術により顎の再建も進み、更新で等級不該当となり不支給となった方からの相談です。  ご相談いただいた更新時の時点では、障害の程度については障害手 続きを読む

網膜色素変性症で障害厚生年金2級を取得、年額182万円を受給できたケース

男性(50代):会社員 傷病名:網膜色素変性症 居住地:横浜市 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 受給額:年額182万円 相談時の相談者様の状況  視力の低下を感じコンタクトレンズを作るため眼科を受診しました。数年後、網膜色素変性症と判明し、視野狭窄が徐々に進行していったため眼科のフォローを受けていましたが、視野狭窄は徐々に進行していきました。病状がかなり進行していることを自覚 続きを読む

両側性突発性難聴による聴覚障害で障害厚生年金1級を取得、年額172万円を受給できたケース

女性(40代):主婦 傷病名:両側性突発性難聴 居住地:横浜市 決定した年金種類と等級:障害厚生年金1級 受給額:年額172万円 相談時の相談者様の状況  両側の突発性難聴で病院を受診しましたが改善しない為受診を中断しました。日常生活が多忙で自分の体調を気に掛ける余裕もありませんでしたが、会話をしている際にとても聴きづらさを感じていました。左耳痛があった為耳鼻科を受診したところ両側感音 続きを読む

網膜色素変性症で障害厚生年金2級を取得、年額147万円を受給できたケース

男性(30代):会社員 傷病名:網膜色素変性症 居住地:横浜市 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 受給額:年額147万円 相談時の相談者様の状況  会社入社後に視野狭窄を感じ始めましたが、仕事や新しい環境に慣れることに必死で病院へ行きませんでしたが、仕事が落ち着いてきたため、受診したところ網膜色素変性症の診断を受けました。特別な治療方法は特にないとのことで通院もしなくなりました 続きを読む

網膜色素変性症による視野障害で障害厚生年金2級を取得、配偶者加算と子の加算を含め年額230万円を受給できたケース

男性(50代) 会社員 傷病名:網膜色素変性症 居住地:横浜市 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 受給額:年額230万円 相談時の相談者様の状況  会社の健康診断で、網膜の異常を指摘されていましたが、特に自覚がなく受診していませんでした。しかし一昨年の検査で指摘を受けた際、視野狭窄を自覚したため、自宅近くの眼科を受診したところ、網膜色素変性症の疑いとのことで大学病院を紹介され、 続きを読む

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864