ブルガダ症候群による植込み型除細動器(ICD)装着で障害厚生年金3級を取得、年間59万円、遡及で312万円を受給できたケース

男性(40代)会社員
傷病名:ブルガダ症候群
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
障害基礎年金 : 年間59万円、遡及額312万円

相談時の相談者様の状況

 飲酒中に意識消失し、救急搬送されました(それまで自覚症状は一切ありませんでした)。心電図所見よりブルガダ型心電図が認められ、緊急入院となりました。精査加療目的に大きな病院に搬送され、緊急入院となりました。翌月植込み型除細動器移植術、心臓電気生理学的検査を受けました。
 現在ペースメーカー外来にて3ヶ月に1回定期フォローを受けています。             

相談から請求までのサポート

原則として、初診日から1年6か月後が障害認定日になりますが、植込み型除細動器(ICD)装着手術をした日が初診日から1年6か月未満の場合、障害認定日は手術をした日になります。ご相談者の場合、初診日から1か月経過しないうちに手術となりましたので5年間遡及できることをご説明いたしました。

 結果

障害厚生年金3級を取得し、年額59万円、遡及額312万円を受給することができました。

受給事例の最新記事

心疾患の最新記事

心筋梗塞・大動脈乖離・不整脈等(ペースメーカー装着・ICD装着)の最新記事

障害年金無料 相談会受付中! 045-594-8864 受付時間 9:00-20:00(土日・祝日応相談) 無料相談会予約無料メール相談
あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断実施中! 簡易1分受給診断 障害年金無料診断 キャンペーン