会社員

網膜色素変性症で障害厚生年金2級を取得、年額182万円を受給できたケース

男性(50代):会社員 傷病名:網膜色素変性症 居住地:横浜市 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 受給額:年額182万円 相談時の相談者様の状況  視力の低下を感じコンタクトレンズを作るため眼科を受診しました。数年後、網膜色素変性症と判明し、視野狭窄が徐々に進行していったため眼科のフォローを受けていましたが、視野狭窄は徐々に進行していきました。病状がかなり進行していることを自覚 続きを読む

右変形性股関節症による人工関節置換術で障害厚生年金3級を取得、年額63万円を受給できたケース

男性(40代):会社員 傷病名:右変形性股関節症 居住地:横浜市 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 受給額:年額63万円 相談時の相談者様の状況  激しい運動の直後に右股関節に違和感を感じるようになりました。やがて右股関節に痛みを感じるようになった為受診したところ、右変形性股関節症と診断されましたが、保存的加療で経過観察となりました。激しい運動は止め、仕事もデスクワークであった 続きを読む

遠位型ミオパチーによる肢体障害で障害厚生年金2級を取得、年額169万円を受給できたケース

男性(50代):休職中 傷病名:遠位型ミオパチー 居住地:横浜市 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 受給額:年額169万円  相談時の相談者様の状況  発熱し歩行困難となったため救急搬送されました。精密検査の結果、遠位型ミオパチーと診断されました。経過観察のため受診していましたが、特に治療方法もないとのことで、受診を中断しました。しかし徐々に歩き辛くなり、杖も使用するようになり 続きを読む

網膜色素変性症で障害厚生年金2級を取得、年額147万円を受給できたケース

男性(30代):会社員 傷病名:網膜色素変性症 居住地:横浜市 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 受給額:年額147万円 相談時の相談者様の状況  会社入社後に視野狭窄を感じ始めましたが、仕事や新しい環境に慣れることに必死で病院へ行きませんでしたが、仕事が落ち着いてきたため、受診したところ網膜色素変性症の診断を受けました。特別な治療方法は特にないとのことで通院もしなくなりました 続きを読む

急性大動脈解離による人工血管挿入で、障害厚生年金3級を取得、年間124万円を受給できたケース

男性(50代):会社員 傷病名:急性大動脈解離 居住地:横浜市 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 障害厚生年金 年間受給額:124万円  相談時の相談者様の状況  腰、胸に激痛が走り、検査を受けたところ緊急手術の為、救急搬送されました。急性大動脈解離スタンフォードA型で人工血管置換術の緊急手術を受けました。術後は開胸部、背中、鼠径部の痛みがあり、両足太もも感覚が鈍感、時々しびれ 続きを読む

双極性感情障害で障害厚生年金2級が認められ、年額197万円を受給できたケース

男性(40代):会社員 傷病名:双極性感情障害 居住地:横浜市 決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級 受給額:年額197万円 相談時の相談者様の状況  ある日突然、電車内でパニック発作を起こしました。電車に乗れず出勤できなくなり、不眠や無気力になった為、メンタルクリニックを受診しました。うつ状態、パニック障害、強迫性障害と診断されました。医師からは、すぐに休職しないともっとひどい状 続きを読む

うっ血性心不全、非持続性心室頻拍、拡張型心筋症によるICD埋込術で障害厚生年金3級が認められ、年額114万円を受給できたケース

男性(50代):会社員 傷病名:うっ血性心不全、非持続性心室頻拍、拡張型心筋症 居住地:横浜市 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 受給額:年額114万円 相談時の相談者様の状況  健康診断で心臓の指摘を受け、定期的に受診をしていましたが、急性心筋梗塞の疑いで救急搬送され入院しました。職場復帰後は主治医が代わったことを機に受診を中断しましたが、倦怠感が強くて眠れない為受診したとこ 続きを読む

S状結腸瘻による人工肛門造設で障害厚生年金3級を取得、年額61万円、遡及で77万円を受給できたケース

男性(40代) 会社員 傷病名:S状結腸瘻 居住地:横浜市 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 受給額:年額61万円、遡及額77万円 相談時の相談者様の状況  夜中に下腹部痛が出現し、総合病院に救急搬送されました。退院後暫くして痛みが再発し再入院しました。排便時痛、排便困難の狭窄症状がありました。腹部CTにて、S状結腸憩室炎穿通と診断され人工肛門造設術、S状結腸切除術を施行ました 続きを読む

事故による右下腿開放骨折で、認定日に障害厚生年金2級、現症日で障害厚生年金3級が認められ、年額58万円、遡及で290万円を受給できたケース

男性(20代) 会社員 傷病名:右下腿開放骨折 居住地:横浜市 決定した年金種類と等級:認定日:障害厚生年金2級、現症日:障害厚生年金3級 受給額:年額58万円 遡及額290万円 相談時の相談者様の状況 現場作業中に、足を壁と鋼管の間に挟まれ被災しました。すぐに大学附属病院に搬送され緊急手術が行われました。会社は休職し、右足は絶対安静の為、ベッド上での生活を指示されました。右足は一切動 続きを読む

右変形性股関節症による人工関節置換術で、障害厚生年金3級に認定され、年額111万円、訴求で37万円を受給できたケース

女性(60代) 会社員 傷病名:右変形性股関節症 居住地:横浜市 決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級 受給額:年額111万円、訴求で37万円 相談時の相談者様の状況  右股関節に違和感があり、徐々に悪化して痛みを感じるようになったため、自宅近くの整形外科を受診しました。検査を受けたところ右股関節痛が認められ、大学病院を紹介されました。検査の結果、右変形性股関節症と診断されました。 続きを読む

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864