くも膜下出血で顧問社労士に依頼して不支給。弊所で手続きを行い肢体障害と目の障害で障害基礎年金1級を取得、年間120万円・遡及適用分480万円を受給できたケース

男性(50代)無職
傷病名:くも膜下出血
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金認定日1級
障害基礎年金 年間受給額:120万円・遡及適用分480万円

相談時の相談者様の状況

通勤途上、突然ハンマーで殴られたような衝撃に襲われ救急搬送されました。

1か月意識不明が続き、意識を取り戻した後も会話もできず体を動かすこともできない状態でした。

高次脳機能障害と左片麻痺及び視野障害が残ってしまいました。

個人事業を営んでいたので会社の顧問社労士に障害年金の手続きを依頼しましたが、結果不支給となってしまいどうしようかと途方に暮れていたところHPで弊所をお知りになり、御来所いただきました。

相談から請求までのサポート

前回の申請書類を拝見したところ、前任の社労士は高次脳機能障害で申請をしていましたが、先生は2級相当程度には該当しないという判断をしているようでした。

最初は精神の事後重症請求を考えましたが、認定日請求を行うために肢体障害に申請を切り替えることにしました。

ご様子を拝見するとこちらのほうが障害等級2級に認められる可能性が高そうなのも要因でした。

先生にはご本人の状況を細かく伝え、診断書作成の一助にしていただきました。

結果

請求の結果、障害認定日1級の障害基礎年金を受給することができました。

小さなお子様がいらっしゃったので、子の加算も付き年額120万円、訴求請求で480万円受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「脳梗塞・脳出血」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864