脳梗塞による右片麻痺で障害厚生年金3級を取得、年間59万円遡及適用分160万円を受給できたケース

女性(50代)無職
傷病名:脳梗塞による右片麻痺
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
障害厚生年金 年間受給額:59万円 遡及適用分160万円

相談時の相談者様の状況

約3年前に脳梗塞を発症され当時お勤めされていた会社も退社され、年金の対象にならないかということで、ご主人様からご相談を受けました。ご本人は半身麻痺があり外出もままならないため、ご主人に無料相談にお越しいただき、奥様の日常生活の状況を教えていただき、また、身体障害者手帳を申請された際の診断書の写しをお持ちいただき、参考とさせていただきました。

依頼から請求までのサポート

ご主人が会社員の為、仕事終わりの夕方に面談をいたしました。脳梗塞による麻痺の場合には日常生活における動作の程度を主にみられるため、実際の奥様のご様子をご主人から聞き取り、先生に書いていただく診断書の資料を作成いたしました。症状は初診より約3カ月後に固定されており、障害認定日は半年後の特例が適用されます。そのため先生に診断書を記載いただくための資料に、いつの時点の診断書が必要かわかるように注意しました。

結果

初診から6カ月以内に症状が固定している為、6ヵ月後の認定日に遡って障害認定日の請求ができました。結果年金年額59万円の年金をと遡及分160を受給できることになりました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864