医者には一言声掛けを

弊社では毎月30件以上面談をさせて頂いておりますが、

その中で障害年金を申請したいことをまだお医者様に伝えていない方が、少なからずいらっしゃいます。

そのような時はお医者様に診断書を依頼する前に必ず

「障害年金を申請したいのですが、診断書を書いて頂けますか?」と聞くようにお願いしています。

そして既に社労士に相談に行ったことは言わないよう念を押しています。

 

というのも、

大概のお医者様は事前に相談しなくても、診断書の作成を快く引き受けてくださるのですが、

中には先に社労士に相談に行ったことを聞くと、

 

「医者よりも社労士を信用するのか!」といきなり怒り出すお医者様や、

社労士が関与していると聞くだけで嫌な顔をしたり、

お医者様によっては「社労士には頼むな」

と言うお医者様もいらっしゃるのです。

 

社労士の中には診断書の内容に関して具体的に指示する者や、

かなり強引に医師に対応を迫る者がいるらしく、

社労士に対して不快な思いをされたからだと思います。

 

その点は我々も反省すべき点ではありますが、それは患者様には関係が無いことです。

 

そういう場合は、社労士が関与していることをお医者様に気付かせないよう手続きを進めていくのですが、

御依頼者とお医者様との今後の関係を考えると結構重要な部分でもあります。

意外なところで結構気を使っているという裏話でした。

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864