双極性障害で障害基礎年金2級を取得、年額78万円、5年遡及で429万円を受給できたケース

女性(40代) 主婦
傷病名:双極性障害
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年額78万円、遡及額429万円

相談時の相談者様の状況

 就職活動に失敗し、不眠や過食嘔吐、自殺願望等を認めるようになり病院を受診しました。その後、地元で就職することに伴い転院したところ神経症と診断され薬物療法を行ないましたが症状は非常に不安定であり、不眠、自殺願望等が認められました。結婚を機に転院しましたが、日常生活は成り立たず、結婚当初より夫の援助を必要とする状況でした。一向に症状は改善せず気分が上向かない状態が続いたので、近医を受診し薬物療法とカウンセリングによる治療を行ないました。医師より双極性障害の可能性を言い渡され、処方薬変更となりました。現在でも状態は改善しておらず、うつ状態の日がほとんどで1日中横になって過ごすことが多く、日常的な家事は全て家族の援助が必須となっている。

相談から請求までのサポート

 弊社HPをご覧になり電話にてご相談となりました。初診は厚生年金で現在就労不能という事なので何らかの等級には該当する可能性が高いとお話ししたところご依頼となりました。

結果

 障害基礎年金2級を取得、年額78万円、5年遡及で429万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864