網膜色素変性症で障害基礎年金2級を取得、子の加算を含め年額101万円を受給できたケース

女性(40代)主婦
傷病名:網膜色素変性症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年額101万円

相談時の相談者様の状況

 小さい頃から視力が悪く、夜見えにくい状態でしたが、特に健康診断で指摘を受けることもなく普通に生活していました。ある日右目に痛みがあり充血していたので受診することにしました。右強膜炎と診断されましたが、2回目の受診時に両網膜色素変性症と診断されました。障害者手帳の診断書を書いてもらおうと思い先生に依頼しましたが、手帳5級程度の診断書は書かないとの方針でしたので転院することにしました。特に緊急の治療を要する病気でもない為しばらく受診していませんでしたが、祖母が受診している病院で障害者手帳の診断書を書いてくれるか確認したところ、書いてもらえるとの回答をえたため、自分も祖母と一緒に受診することにしました。
 その後、東京都に転居した為、近医に転院することにしました。親戚が通院している眼科がいい医者だという話を聞き紹介状を貰って転院し、現在も3か月に1度通院中です。病院で障害年金が貰えるかもしれないとのお話を聞きLINEで相談されました。

相談から請求までのサポート

 初診は10年前でしたがカルテは残っていました。目の障害の場合、検査数値で決定しますのではっきりしています。御相談者様は視野障害で2級相当の数値になっていましたので受給可能とお伝えしました。

結果

 障害基礎年金2級が決定し、子の加算を含め年額101万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「眼・聴覚・言語の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864