うつ病で障害基礎年金2級を取得、子の加算と併せ年額100万円を受給できたケース

女性(50代) 主婦
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年額100万円

相談時の相談者様の状況

 結婚後、妊娠が判明し出産予定の病院の精神科を受診したところうつ病と診断されました。出産等生活上の変化が重なり、うつ状態が悪化し、希死念慮も認めるような状態となりました。1日中無気力で、読書やテレビを視る気力もなく何事にも興味がなくなりました。気分が落ち込み憂鬱になり絶望的な気持ちになり、通院が定期的に出来ないくらい体調が悪化しました。
 現在、抑うつ気分、意欲低下、不安感、不眠、情動不安定さが持続しており、家事も安定してできず、臥床していることが多く、娘の世話も全て母に任せ自閉的な生活が持続しています。家族の援助がなければ日常生活を送ることができない状況です。

相談から請求までのサポート

 ご主人が弊社にて障害年金申請を御依頼になった関係でご連絡を頂き、ご主人同様ご依頼となりました。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

結果

 障害基礎年金2級を取得、年額100万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864