うつ病で障害厚生年金3級が認められ、年額63万円を受給できたケース

男性(40代) 無職
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
受給額:年額63万円 

相談時の相談者様の状況

 不眠と食欲不振があり、かかりつけ病院の精神科を受診したところ、うつ病と診断されましたが、病状に対しての説明もなく、予約の取りにくさもあったため受診を中止しました。しかし徐々に体調の違和感を感じ始め、食欲不振、不安感が強まった為、会社を休みがちとなりました。主治医からうつ病と診断され、直ぐに休職をしましたが、復職の件で相談をしたところ、親身に向き合ってもらえなかったことに不信感を感じたため、妻の通院先であるクリニックに転医しました。ここでもうつ病と診断され、2週間に1回通院しています。意欲の低下、不眠、抑うつが続いており、食事や買い物等、日常生活は家族の援助を受けています。復職の目途がたたず、経済的に不安を感じご相談に来られました。

相談から請求までのサポート

 奥様が既に弊社のサポートを受け年金を受給されていた関係でご依頼になられました。

結果

 障害厚生年金3級を取得し、年額63万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864