気分変調症で障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給できたケース

男性(40代):アルバイト
傷病名:気分変調症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年額78万円

相談時の相談者様の状況

 手足が動かず、息苦しさが出現したため、自宅近くのクリニックを受診しました。頭部MRIを施行しましたが異常は指摘されませんでした。精神科の受診を勧められ、勤務先近くの病院を受診したところ、不安神経症と診断されました。その後、暴れたり物を窓ガラスに投げつけたり等の症状が出たため、薬を処方されました。しかし、病状そのものは一向に回復せず、主治医の退職を機に転院し、転院先でうつ病と診断された。就労は家庭教師のアルバイトをしていますが、易疲労感が強く体力的にも続けるのが難しい状態になっています。日常生活は全般的に母親を頼る状態も続いており、障害年金の請求に至りました。

相談から請求までのサポート

 ホームページをご覧になりお電話を頂きました。就労が厳しい状況で経済的に不安を感じてのご相談でした。御来所は難しい様でしたのでお電話にてのご面談となりました。日常生活状況をヒアリングし、受給可能性についてお話をした所ご依頼となりました。

結果

 障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864