うつ病により障害厚生年金3級が認められ、年額83万円を受給できたケース

男性(50代)無職
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
受給額: 年額:83万円

相談時の相談者様の状況

 通勤途中の電車で、突然、目の前が暗くなる、呼吸が苦しい等のパニック発作を起こしたため、受診したところパニック障害と診断されました。クリニックの閉院により自宅近くのメンタルクリニックに転医しましたが、転医と同時期に職場でストレスの大きい仕事をアサインされ、抑うつ状態が出現したため、6カ月程度休職しました。その後次男が病死した為、うつ症状が大きく悪化しました。現在も気分の落ち込みが大きく、何事も億劫で楽しみや興味が欠如している状態です。退職して以降、無職の状態が続いており、経済的に困窮して、障害年金の請求をすることにしました。

相談から請求までのサポート

 電車に乗れない為、弊社まで来ることが難しいという事で、ご近所のカフェでのご相談となりました。3年間無職で働くことができず、経済的に困窮していましたが、障害年金のことをお知りになりお電話でお問い合わせになられました。ご自分でカルテの有無を確認されたようですが、既に初診のカルテは廃棄されており、紹介状のコピーがあるだけで、ざっくりした初診しか書かれていませんでした。他に資料も出てきませんでしたので、こちらをもとに初診の証明にいたしました。

結果

 障害厚生年金3級が認められ、年額83万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864