うつ病により障害認定日で障害厚生年金3級、現症日で障害厚生年金2級を取得、年額192万円、遡及で376万円を受給できたケース

男性(40代) 無職
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害認定日:障害厚生年金3級、現症日:障害厚生年金2級
受給額:年間192万円、遡及額376万円

相談時の相談者様の状況

 任された仕事のプレッシャーが大きく、残業も増え、仕事の期日が迫るにつれて不眠になり、朝ベッドから起き上がれなくなりました。発汗や吐き気もあり、クリニックを受診しました。うつ病と診断され、医師から休職して治療に専念するよう指示されたため休職しました。不眠や鬱状態と躁状態を繰り返し、鬱状態では希死念慮が強い状態でした。現在も常に倦怠感があり、何をするのも億劫で、横になっている状況です。

相談から請求までのサポート

 HPをご覧になりお電話でお問い合わせをいただきました。6年ほど前から休職復職を繰り返し、現在は働くことができない状況でした。受給の可能性は高いと判断し、お話ししたところご依頼となりました。

結果

 障害厚生年金3級、現症日で障害厚生年金2級を取得、年額192万円、遡及で376万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864