うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間78万円・遡及適用分398万円を受給できたケース

女性(40代)無職
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金認定日2級
障害基礎年金 年間受給額:78万円・遡及適用分398万円

相談時の相談者様の状況

6年ほど前より会社におけるパワーハラスメントをきっかけにうつ病を発症され、会社を退職、その後収入を得るために何度か就職するものの、対人関係や体調の不調があり仕事につけず、障害年金によって経済的な不安が少しでも軽減できればと、ご相談に来られました。

依頼から請求までのサポート

面談時に、精神福祉手帳が3級ということで、障害基礎年金2級は難しいかと思いましたが、お話をお聞きすると、うつ病の症状でありながら、幻覚体験があり、不眠症状が非常に強く、日常生活がままならない様子で、摂食障害から体力の低下が著しく、現在は潰瘍性大腸炎も発症しており、体力的にも外出がままならない様子でした。その様子から、日常生活においても、援助が必要な状態で、現在は1人暮らしから実家にお戻りになられているということで2級相当の状態と思いました。そのため、申請に当たり、先生に日常生活状況を記載していただくための資料を詳細に作成し、同時に摂食障害や潰瘍性大腸炎の状況についても記載をしていただきました。依頼者様には病歴や病状に関する資料を丁寧に作成していただいた為、依頼者様の思いが伝わるよう病歴報告書の作成をし、何度か書き直しをいたしました。初診のカルテはありませんでしたが、初診日が記載された診察券やお薬手帳が残っており、初診から4件目まで、受診状況等証明書は取れませんでしたが、初診証明も何とかクリアいたしました。

結果

障害認定日と現症日の診断書について、2級相当の診断書を作成いただき、無事、障害認定日2級の障害基礎年金を受給することができました。遡及請適用分398万円の受給もでき、今後の社会復帰に向けて、経済的な不安が多少なりとも軽減さればと祈念しています。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864