うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間78万円を受給できたケース

女性(40代)パート
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金認定日2級
障害基礎年金 年間受給額:100万円

相談時の相談者様の状況

20年ほど前より、軽度のうつ病になやまされ、精神福祉手帳3級をお持ちで、生活のため現在の一般就労のパート勤務は、続けたいが、症状が悪化してきている為、仕事が続けられるか不安に感じて、相談に来られました。相談時の日常生活の状況をお聞きすると食事の用意やお掃除などができず家庭内では横になっていることが多くつらそうな様子で、ご家族のために働かなければと無理をされている様子でした。

依頼から請求までのサポート

現在お仕事をされているということですが、常態が悪化し休むことが多くなったため、出社できなくなる頻度や期間についても病歴・就労状況申立書に記載した。公共の乗り物に乗れない状況や病状が悪化して日常生活もできていないことが多きため現症時の状況がつたわるように配慮した。

結果

結果、事後重症請求で2級の障害基礎年金を受給することができました。高校生のお子様がいてなんとか頑張らなければと無理をされていましたが、経済的な不安が軽減され多少なりとも気持ちが軽くなっていただければと思います。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864