うつ病で障害厚生年金3級を取得、年間62万円を受給できたケース

男性(50代)アルバイト
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
障害厚生年金 年間受給額:62万円

相談時の相談者様の状況

転勤により長時間通勤になり、帰宅時間が深夜や早朝になることもありました。

やがて頭痛や吐き気、身体の震えが出るようになりパニックを起こすようになったので心療内科を受診するようになりました。

仕事を続けていくことが困難になり、家の近くの会社に転職しましたが慣れない仕事のせいもあり気分低下、不眠状態となり退職を余儀なくされ、経済的に困って相談に来られました。

相談から請求までのサポート

認定日の診断書は仕事をしていたせいもあり、軽く書かれてしまったので、診断書の見直しをお願いしました。

最初よりも重く直してもらいましたが、認定日請求は認められず、事後重症で3級が認められました。

結果

請求日で障害厚生年金3級の決定を受けました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864