うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間195万円、訴求請求で130万円を受給できたケース

男性(50代)無職
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
障害厚生年金 年間受給額:195万円 遡及額:130万円 

相談時の相談者様の状況

下痢・だるさ・仕事への気力を失い仕事を休みがちになったので胃腸科を受診しましたが、ここでうつ病と診断され主治医の指示により自宅療養となりました。

終日家で寝たきりになり、食欲がなく1日1回食事をとる程度でした。

外出もせず自室に引きこもり、だるさ・疲労感で1日の大半を寝て過ごしていました。

一時好転したため社会復帰もしましたが、すぐに会社に行けなくなり経済的に困窮して相談に見えられました。

相談から請求までのサポート

初診の証明は問題ありませんでしたが、通院の状況から診断書は胃腸科の先生に書いてもらわざるを得ませんでした。

精神保健指定医ではないため、診断書をどう判断してもらえるかわかりませんでしたが、非常によく書いてもらったので結果を信じて申請を行いました。

結果

審査に時間がかかっていましたので、途中年金事務所で何回か確認しましたが、やはり精神科の先生ではない為、書き直しも含めて検討されていたようですが、無事、認定日で障害厚生年金2級の決定を受け、年間195万円、訴求で130万円受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864