反復性うつ病性障害で障害厚生年金2級を取得、年間161万円、訴求請求で417万円を受給できたケース

男性(50代)無職
傷病名:反復性うつ病性障害
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:認定日 障害厚生年金3級 請求日 障害厚生年金2級
障害厚生年金 年間受給額:161万円 遡及額:417万円 

相談時の相談者様の状況

任されていたプロジェクトがトラブル多発で徹夜、休日出勤が続き、体調面が酷く崩れました。はた目から見て状態が酷く、上司に休養と病院へ通院するよう指示されプロジェクトから外されましたが、通院はせず2週間程度休暇を取ったあと復帰しましたが睡眠障害がこのころから酷くなり受診しました。

しばらく通院していましたが薬の副作用と鬱状態が酷くなり上司と主治医に勧められ休職をしましたが、これをスタートに休職と復職を繰り返すようになり、やがて就業困難な事と将来を悲観し退職をしてしまいました。

求職活動を行うもうまくいかず、経済的に困窮して相談に見えられました。

相談から請求までのサポート

初診は6年程前でしたが、カルテは残っておらず、その他の記録も一切残っていませんでした。

第三者証明の取得も考えましたが証明してくれる人は誰もいない状況でした。

厳しい戦いになることを予想しましたが、2件目の病院の受診状況等証明書に具体的な初診の年月が記載してあったため、初診の年月を特定することができました。

結果

認定日で障害厚生年金3級、申請日で障害厚生年金2級の決定を受け、年間161万円、訴求で417万円受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864