うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間78万円、遡及で415万円を受給できたケース

男性(40代) 無職
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
障害基礎年金 : 年間78万円、遡及額415万円

相談時の相談者様の状況

 27歳頃より10年程引きこもり生活をしていましたが、特に病院を受診することはありませんでした。ある日じん麻疹が出現しましたので、近医皮膚科を受診したところ、内科の受診を勧められました。内科を受診したところ心療内科を受診するよう指示され受診しましたが、不安、緊張、外出困難といった症状が強かった為、専門の病院を紹介され受診しました。1~2週間に1回受診し、カウンセリング及び服薬治療を行いました。不安感が非常に強く、他人と接することができなかった為、父親が付き添って通院していました。
 6年程通院していますが、現在も引き続き2週間に1回程度受診しています。カウンセリング及び服薬治療を行っていますが症状に大きな変化はありません。医師よりバランスの良い食事を摂ること、できるだけ運動をすることを指示されています。知らない場所へ一人で行くことはできず、引きこもり状態であり、日常生活全般において同居の父親の援助が不可欠な状況です。自ら行動を起こすことはほぼありません。
 このような息子さんの事を心配されたお父様からご相談がありました。

相談から請求までのサポート

 初診は皮膚科でしたがすでにカルテは残っていませんでしたが、医事システムに受診歴が残っていましたので、初診証明の資料といたしました。精神科の病院は1か所だけで定期的に通院していましたので、認定日請求を行うことに致しました。

 結果

障害基礎年金2級を取得し、年間78万円、遡及額415万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864