軽度知的障害で障害基礎年金2級を取得、年額78万円、遡及で215万円を受給できたケース

女性(20代):無職
傷病名:軽度知的障害
居住地:川崎市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年額78万円 遡及額215万円

相談時の相談者様の状況

 小学生の頃いじめで不登校となり大学病院小児精神科を受診し、発達障害と診断され服薬治療を行ないました。中・高校でも人間関係のトラブルで不登校となりましたが、レポート提出により何とか卒業しました。卒業後は短期大学通信教育部に入学しました。1年生時はレポートを親に手伝ってもらいながら、何とか単位の取得ができていましたが、2年生になるとスクーリングできなくなりました。バイトを始めましたが長く続かず、職を転々としていました。主治医に不信感を抱いた為転院したところ、軽度知的障害と診断されました。結局、短大はスクーリングもレポート提出もすることもできず、2年留年し満期退学となりました。現在、就労できておらず周囲の援助を要する状況です。

相談から請求までのサポート

 HPをご覧になりお問合せフォームからご連絡がありました。ご自身で色々調べたがわからないので相談したいとのことでした。お母様とお電話にてお話をさせて頂き、日常生活状況や就労状況等ヒアリング後、ご契約となりました。

結果

 障害基礎年金2級を取得、年額78万円、遡及で215万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864