年金事務所と相談しながらてんかんで申請するも不支給。弊社で手続きを行い、知的障害で障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給できたケース

女性(20代)障害者雇用
傷病名:知的障害
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額: 年額78万円 

相談時の相談者様の状況

 1歳時、自宅2階の窓から1階へ転落し、救急搬送され、脳挫傷、急性硬膜下血腫と診断されました。数回の手術の後、シャント術を受け、てんかん予防薬の処方等で受診していました。幼稚園では作業が遅かったり、ダンスの習得などにも時間がかかり、説明を聞いて内容を理解することができない様子が見られました。小・中学校では普通学級に入学しましたが、勉強も運動も遅れ気味で、算数のみ別教室で個別指導受けていました。通知表は2や1の状況でした。中学2年生の時、学校の相談員に相談し知的検査を受けることとなり、愛の手帳B2を取得しました。高校卒業は、農業サポートの職に就いています。

相談から請求までのサポート

 HPをご覧になり、お母様からお嬢様のご相談がありました。知的障害とてんかんをお持ちで、最初は年金事務所に相談に行かれました。年金事務所からは知的障害で申請するのは難しいのでてんかんで申請しましょうというご提案があったそうです。年金事務所に言われるがまま書類を準備し申請を行いましたが不支給決定になってしまいました。しかしよくよくお話を聞いてみると、てんかんは薬で症状は抑えられており、ここ数年発作は起こっていないとのことでした。てんかんは発作の程度と頻度で等級が決まりますので、薬で発作が抑えられていると認定されません。認定基準をご説明し、知的障害での申請をご提案したところご依頼となりました。

結果

 障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864