うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間133万円・遡及適用分55万円を受給できたケース

男性(50代)無職
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金認定日2級
年間受給額:133万円 遡及適用分55万円

相談時の相談者様の状況

過重労働により重度のうつ病を発症し、他の社会保険労務士に労災の請求を依頼されておりました。

障害年金の申請にあたっては、障害年金に特化した社会保険労務士にという事で、当事務所をご紹介いただき面談させていただきました。

相談から請求までのサポート

今回は過重労働による労災認定が下りているという事もあり、労災の傷病年金も受給中という事でした。

そのため労災との併給調整や第三者行為障害との併給調整について、制度のご説明をさせていただき、障害の程度について聞き取りました。

面談時に精神障害者保険福祉手帳の診断書の写しを拝見し、日常生活の状況についてお話を聞いたところと診断書の評価が違う部分について、状況をお伝えいただくようにしていただき、症状にあった診断書を作成いただくことが出来ました。

結果

結果、障害認定日請求で2級の障害厚生年金を受給することができました。

現在仕事に就けない状態のため、経済的な面でご安心いただければと思います。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864