自閉症スぺクトラムで障害厚生年金2級を取得、年額106万円を受給できたケース

男性(20代)無職
傷病名:自閉症スぺクトラム
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額:年額106万円

相談時の相談者様の状況

 新入社員として入社しましたが、仕事がうまくできず、同僚とのコミュニケーションも取れず、極度の不安、緊張、手の震え、過呼吸等の症状が出現したため、精神疾患の姉が通院している病院を受診したところ、適応障害と診断されました。就労の継続は困難であると指示されたため、直ぐに退職することにしました。
 好きな音楽関係のアルバイトを始めましたが、対人関係がうまくいかず辞めてしまいました。その後、アルバイトを開始しましたが対人関係がうまくいかず、1カ月程度で退職しました。それ以降は引きこもりの状態が続いており、現在に至るまで就労はしていません。外出が困難となり、父親がインターネットで探したクリニックを受診したところ、自閉スペクトラム症と非定型うつと診断されました。しかし主治医が体調を崩し、転院し薬物療法を受けています。
 日常生活は全て父親を頼っており自身では一切できません。引きこもり状態であるため、社会性はなく、安全保持や危機対応もできません。希死念慮が強く、気力も湧かない状態が続いています。

相談から請求までのサポート

 社会生活を送れない御子息の将来を心配されて、御父様がご相談に来られました。実際に働けない事、日常生活は家族の援助が無ければ送れないことを総合的に判断し、受給可能性についてお話ししたところご依頼になられました。

結果

 障害厚生年金2級が決定し、年額106万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864