自分で障害年金申請を行って不支給。弊社で手続した結果、うつ病で障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給できたケース

男性(30代) 無職
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年額78万円

相談時の相談者様の状況

 就職活動が上手くいかず、精神的に追い込まれるようになり、徐々に死にたいと思うようになった為、クリニックを受診したところ、うつ病と診断され薬物療法を受けました。希死念慮が強く、まずは主治医と自殺しないことを約束しました。休養をすすめられたため何もせずに、1日中ボーっとした日々を過ごし就労も就学も一切していませんでした。感情の起伏が平坦となり、時折将来に対して不安な気持ちに襲われるようになりました。注意力が低下するようになり、お風呂の栓を忘れたり、コンロの火をつけっぱなしにしてしまうようになりました。
 社会復帰のために医師からアルバイトを勧められ、ドラッグストアでパートを始めましたが、人間関係や仕事が原因で精神状態が悪化したため1年で辞めてしまい、以前と同様の引きこもり生活に戻りました。また、この頃から過食傾向となり、2年間で体重が30kg増加しました。
 現在、医師と話すのも億劫になり、通院は継続しているものの、本来伝えたい症状をうまく伝えることができません。引きこもり生活により将来の不安は強まっていますが、日常生活も多くのことに母親の援助を要しており、就労が困難な状態が続いています。

相談から請求までのサポート

 自分で障害年金を申請し不支給決定が下りた為、審査請求をしたいとのご相談でしたが、提出した診断書を拝見すると2級には及ばないレベルでした。不服申し立ては初回の年金機構の判断が間違っていたという審査ですので、初回に提出した資料をもとに審査されます。つまり初回の書類が障害レベルに達していなければ、いくらやっても認められないわけです。そのような場合は再請求を行います。今回も再請求をご提案いたしました。

結果

障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864