うつ病で障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給できたケース

男性(40代) 無職
傷病名:うつ病
居住地:川崎市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年額78万円 

相談時の相談者様の状況

 リストラに遭い再就職をしましたが、長時間労働による重度のストレスより心身に変調をきたし、起き上がる事もできなくなりメンタルクリニックを受診しました。今まで通りに仕事はできなくなり、内職という形でできる範囲内で引き続き業務を受けるようになりました。日常生活は自分ではできず全て妻を頼っていました。
 通院していたクリニックは診療時間が短かい為セカンドオピニオンで自宅近くのクリニックを受診したところ、うつ病と診断されました。希死念慮が強く、その事を主治医に話したところ大きな病院で即入院することを勧められましたが、逃げるように帰宅してしまった為、それ以降は気まずくなって受診することができなくなりました。希死念慮がより強まり受診する気力もなくなってしまい、寝たきりのままでも電話で診療してくれる病院を探し転医しました。現在は仕事が出来ない状態になっており、妻の支えによって何とか生活をしています。

相談から請求までのサポート

 ネットで弊社のことをお知りになり、メールでお問い合わせがありました。ご自身での申請を考えて着手いたしましたが、手続きの煩雑さに自分での申請を諦め、役所に相談したところ社労士への依頼を勧められました。その後お電話にてご相談を行いご依頼となりました。

結果

 障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864