双極性障害で障害厚生年金2級が認められ、年額143万円を受給できたケース

男性(50代) 休職中
傷病名:双極性障害
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額: 年額143万円

相談時の相談者様の状況

 激務の為、不眠、抑うつ、躁転の症状があり受診したところうつ病と診断されました。会社の配慮を受けながら何とか勤務を続けていましたが、外出が出来なかったり、食事が摂れない等日常生活に大きな支障が出た為、医師からの指示により休職しました。復職後は部署異動により配慮を受けられない等の疎外感を感じるようになりイライラしたりうつ症状が出現することを繰り返しました。現在、2回目の休職となり、復職の目途が経たないまま現在まで休職が継続しています。

相談から請求までのサポート

 1分間受給判定よりお問い合わせがありました。双極性障害で精神福祉手帳3級をお持ちのかたでした。会社は休職中で復帰の目途が立たないようでしたので、受給可能性についてお話をしたところご依頼となりました。肢体障害もあり歩行もままならないようでしたので、精神と肢体の2傷病で行うこととしました。

結果

 障害厚生年金2級が認められ、年額143万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864