うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間117万円を受給できたケース

男性(40代)休職中
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
障害厚生年金 年間受給額:117万円 

l  相談時の相談者様の状況

上司が変わり、相性が悪くストレスが増えていったことをきっかけに仕事上での対人トラブルが頻繁に起こるようになりました。感情のコントロールができなくなり、また不眠の症状が続くようになりました。

タクシードライバーであったため、不眠により乗車許可が下りず労務不能となって休職をされていました。単身生活のため、食事の摂取や清潔保持等を援助してくれる家族もおらず、自己管理もできなくなり、日常生活にも大きな支障をきたしている状態でした。

l  相談から請求までのサポート

障害認定日を迎えて直ぐにご相談に来られました。うつ症状により他者との意思伝達や公共機関での手続きが億劫になっており、ご自身で手続きをするのは困難な状況でした。精神の障害者手帳は3級を取得していました。

傷病手当金を受給中でしたが、支給期間の終了が迫っており生活が困窮する恐れがあったため、早急に手続きを進め、認定日請求を行いました。

l  結果

認定日請求の障害厚生年金2級が決定し、年額117万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864