両側突発性大腿骨頭壊死よる人工関節で障害厚生年金3級を取得、年額71万円を受給できたケース

男性(40代) 無職
傷病名:両側突発性大腿骨頭壊死
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
障害基礎年金 : 年額71万円

相談時の相談者様の状況

 右脚股関節の付根辺りに痛みを感じ始めました。常に痛いというよりは時々、鈍く痛むという状態が暫く続き、2ヵ月程で右脚の鈍痛は治まりましたが、今度は左脚股関節の付根が痛むようになり始めました。歩行は普通にできたため、市販の鎮痛剤を飲んだりシップを貼ったりして様子を見ていました。しかし痛みが常態化するようになり、年を明けた頃からは左脚股関節の痛みが強く、歩幅が狭くなってきました。着座時に姿勢によっては痛みが生じる様になり症状の改善が見られなかったため、インターネットで調べた整形外科を受診することにしました。レントゲンを撮ったところ左脚大腿骨頭に異常があるとして、通院を開始することになりました。通院しながら経過観察をしていましたが、再度レントゲンを撮った結果、特発性大腿骨頭壊死の可能性があるとして、医療センターを紹介されました。レントゲン、問診、可動域のテストを実施しMRI撮影した結果、特発性大腿骨頭壊死症の診断を受けましたが、手術は急がず脚に負担を掛けないように鎮痛剤で痛みを緩和しながら様子を見ることにしました。次第に左脚付根の痛みが強くなり、杖を使用することが多くなり再度レントゲンを撮ったところ症状に進行が見られると言われ、100m程度の距離も移動が辛くなり、痛みで夜も眠れなくなりました。主治医と相談し両側人工関節置換術を受けました。退院後は月に1回の頻度で通院しながらレントゲン等で経過観察をしており、痛み止めの服用とシップの処方を受けています。

相談から請求までのサポート

 初診日は勤務中でしたので厚生年金加入中でした。人工関節は3級に認めてもらえますのでその旨ご説明いたしました。今回は両足が人工関節でしたが、幾つ入れても3級にしかならないこともご説明いたしました。

結果

 障害厚生年金3級を取得、年額71万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864