右変形性股関節症による人工関節置換術で障害厚生年金3級を取得、年額83万円を受給できたケース

女性(50代) 主婦
傷病名:右変形性股関節症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
受給額:年額83万円

相談時の相談者様の状況

 スキーをしたところ足に強い疼痛を認めた為、受診することとしました。検査の結果右変形性股関節症と診断され手術加療を勧められました。しかし自分としては痛みも我慢できる程度であり、歩行にも支障が無かった為、長期入院困難を理由に経過観察となりました。その後、痛みの間隔や強さが徐々に悪化していき、鎮痛剤を服用することも多くなり、痛みの為眠れなかったり、足を引きずって歩くことも増えました。立ちっ放しの仕事は辛くなり、右脚の持ち上げが困難で足の爪切りや車の乗り込みもできなくなりました。
 人工関節置換術経験のある職場の同僚の紹介で転院し、人工関節置換術を受けることにしました。手術までの期間は鎮痛剤服用していましたが長時間の立位保持、早く歩くこと、階段を上ることはほとんどできなくなっていました。
 3か月程して人工関節置換手術を受けました。退院後は定期的な外来通院での経過観察を行っています。

相談から請求までのサポート

人工関節置換は3級に認めてもらえます。ご相談者様は初診時は厚生年金加入中でしたのでこれに該当いたしました。初診は3年程前でしたので手続き的には全く問題なくスムーズに申請に至りました。

結果

障害厚生年金3級を取得、年額83万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864