大腿骨骨頭壊死による人工関節で障害厚生年金3級が認められ、年額73万円、遡及で73万円を受給できたケース

男性(50代) 無職
傷病名:大腿骨骨頭壊死
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
受給額:年額73万円 遡及額73万円

相談時の相談者様の状況

 大学病院の腎臓内科にてネフローゼ症候群の治療のためステロイド治療を受けていたところ就労中に右脚の付根に痛みを感じるようになりました。数週間は我慢して過ごしていましたが、激痛に耐えられなくなり、主治医に相談したところ、同院内の整形外科を紹介されました。受診したところ、大腿骨頭壊死と診断され、月1回程度受診して経過観察をすることとなりました。日常生活では松葉杖を使用し、就労はドライバーの仕事から内勤の仕事へ異動となりました。生活の不便さや痛みも強く主治医と相談し、右脚の人工関節装着術を受けました。現在は2ヶ月に1回の定期検査を継続しています。

相談から請求までのサポート

 ステロイドの大量投与と大腿骨骨頭壊死は因果関係があると考えられています。この場合ステロイド治療をしているネフローゼ症候群と因果関係がありという事でネフローゼの初診が骨頭壊死の初診となり事後重症請求になります。診断書を拝見すると先生は足の痛みで整形外科に受診した時を初診と考えている様でした。こちらが初診ですと人工関節に置換したのは初診から1年2か月後なので、手術日を障害認定日として障害認定日請求が可能です。請求は後者で行うことといたしました。

結果

 障害認定日請求が認められ、障害厚生年金3級の受給が決定し、年額73万円、遡及で73万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864