社会的治癒を援用し、両側変形股関節症で障害厚生年金3級を取得、年額59万円を取得できたケース

女性(40代) 主婦
傷病名:両側変形股関節症
居住地:町田市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
受給額:年額59万円

相談時の相談者様の状況

 保険外交員の職に就いたところ、左股関節辺りに痛みを感じるようになりました。受診したところ、左変形性股関節症と診断されました。その後事務職へ転職したことにより痛みがなくなり薬の服用もやました。暫く普通に生活していましたが、痛みが出るようになり家事に支障が出てきたため、受診したところ両側変形性股関節症末期と診断されました。疼痛、歩行障害とも悪化した為、症状がより重い左股関節に対して人工股関節置換術を受けました。現在、左股関節痛は改善していますが、右股関節通増悪傾向にあり経過観察中です。

相談から請求までのサポート

 変形股関節症と診断されるまで10年近く受診していませんでした。15年程前の受診でしたので当時のカルテはもう残ってはいませんでした。ただこの10年の間は特に症状も出なかった為、社会的治癒を援用することにしました。

結果

  障害厚生年金3級を取得、年額59万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864