てんかんで障害基礎年金2級を取得、年額78万円、遡及で26万円を受給できたケース

男性(20代):障害者雇用
傷病名:てんかん
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年額78万円 遡及額26万円

相談時の相談者様の状況

 出生直後に心電図に異常が認められ、救急搬送されました。新生児脳梗塞による、てんかん発作波動が認められました。翌年、授乳中にけいれん発作が起き、てんかんに対して投薬治療を開始し、以降投薬治療を継続しています。高校生の時から発作が多くなり、1ヶ月に1回か2ヶ月に1回の頻度でてんかん発作が頻繁に起こるようになりました。卒業後、障害者枠で就職しましたが、就業中にてんかん発作があり、意識を完全に失い倒れたことがあります。最近では、てんかん発作を薬でコントロールすることができず、多い時は月に1~2回程度、完全に意識を失い倒れる発作があります。

相談から請求までのサポート

 てんかんの場合、発作の程度と頻度によって等級が決まってきます。御相談者様の場合、意識消失を伴う発作が、月1~2回という事で、1級レベルに該当いたしましたが、1級の認定基準にはこの他に「常時の援助が必要なもの」という要件がありここには該当はいたしませんでした。しかし十分受給レベルにありますのでその旨ご説明いたしました。

結果

 障害基礎年金2級を取得、年額78万円、遡及で26万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864