脳梗塞による肢体障害で障害厚生年金3級を取得、年額59万円を受給できたケース

男性(40代): 自営業
傷病名:脳梗塞
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
受給額:年額59万円

相談時の相談者様の状況

 右上肢の麻痺を自覚し、かかりつけ医を受診したところ、脳梗塞を疑われ直ぐに大きな病院を紹介されましたが、検査でモヤモヤ病が判明しました。その後リハビリ目的で転院しましたが、文字を書いたり、紐を結んだり、箸を使うといった日常動作を行うことはできませんでした。
 退院後、暫くして左半身に違和感があり、呂律が回らなくなったため、医療センターを受診したところ、脳梗塞が認めらました。退院後はリハビリ病院に転院しましたが、左脚には違和感が残り、歩行が困難な状態が続いています。両手に症状が残っているため、日常生活における細かい動作に不自由を感じています。

相談から請求までのサポート

 HPをご覧になりご面談に来られました。現状をお聞きし、制度と可能性についてお話ししたところご依頼となりました。

結果

 障害厚生年金3級を取得、年額59万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864