知的障害(B1)で障害基礎年金2級を取得、年額78万円を取得できたケース

女性(20代) 無職
傷病名:知的障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
障害基礎年金 年間受給額:78万円

相談時の相談者様の状況

早産であった為発達にも遅れがあり、病院小児科を受診したところ水頭症が確認されました。運動面の発達が遅れており、2歳半でやっと一人歩きができるようになりました。
 小学校入学後は、記憶、発語、運動面の遅れが顕著となっていました。学習面においては中学年になるとついていけなくなりました。校舎が広かった為よく迷子になっていました。落ち着いて過ごせていましたが、中学生になっても一人での外出、友人と子供達だけの外出はできませんでした。
 高校時に療育手帳を取得しました(B2)。記憶障害により様々な面で支障をきたしていました。高校卒業後は大学の適応自立支援コース(2年制)へ進みました。その年に療育手帳の再判定を行いB2からB1となりました。
 今現在も、記憶障害と空間認知障害により日常生活には大きな問題があります。一人で生活することは不可能であり、多くの援助を必要としている状況です。将来のことを心配してお母様がご相談に来られました。

 相談から請求までのサポート

初診の証明は療育手帳を取得している場合不要とご説明いたしました。診断書は10数年通っている大学病院の先生でしたので、全く問題ないレベルに仕上がってきました。

 結果

障害認定日請求を行い、障害基礎年金2級、年額78万円を取得されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864