右変形膝関節症で障害厚生年金3級を取得、年間58万円を受給できたケース

女性(50代)会社員
傷病名:右変形膝関節症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
障害厚生年金 年間受給額:58万円

相談時の相談者様の状況

右股関節の痛みがひどくなり、他人に指摘される程の歩き方になりました。

継続的に痛みがありましたが、それでも仕事は続けていました。

しかし痛くて我慢ができなくなった為近医を受診し、痛み止めや電気療法を続けていましたが、改善されないため大きな病院を紹介してもらいました。

検査の結果、右変形膝関節症と診断され、人工関節の手術を受けましたが、痛みが完全に取れておらずリハリビに通っている状態でした。

相談から請求までのサポート

初診は厚生年金加入中で、人工関節は3級に該当することをご説明しました。

認定日当時はそれほど悪くなかった為事後重症請求になること、申請はなるべく早く行ったほうがいいことをご説明しました。

申請的には特に問題はありませんでしたが出張の多い方なので連絡が取りづらいかと懸念していましたが、思ったよりスムーズに申請することができました。

結果

3か月も待たず障害厚生年金3級が決定し、年額58万円受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864