自分で請求を行うも不支給、弊所で再請求手続きを行い自閉症スペクトラムで障害基礎年金2級が認められ、年額78万円を受給できたケース

男性(30代) 無職
傷病名:自閉症スペクトラム
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年額78万円

相談時の相談者様の状況

 高校卒業後、専門学校へ進学しましたが、昼夜逆転や不眠が認められた為、精神神経科を受診しました。音への過敏性、不安、緊張等を訴え統合失調症と診断されました。薬物療法と、精神療法を受けましたが、薬の副作用により体重が増加し、倦怠感、不眠、集中力の低下が生じて、外出時には恐怖感を感じるようになりました。次第に通学が困難となり休学し、その後復学しましたが、初日からパニック発作や予期不安が再燃し、登校できず休みがちとなりました。
 専門学校は中退し、カウンセリングを受けました。不安感が強く認められ、睡眠障害もありましたが就労を開始しました。しかし勤務時間にストレスを感じて不安感が増大し、1年程度で退職となりました。その後数カ所就労しましたが、ミスが非常に多く、数分前のことを忘れてしまいパニック状態になったりして長くは続きませんでした。このような生活の中で自ら発達障害を疑うようになりました。発達障害の専門医を探し、数回の問診と検査を受け、ADD濃いめのグレーゾーンと言われました。仕事、私生活において落ち込みも激しく不安定な日々が続き、自殺も考えました。手帳取得用の診断書で初めて自閉症スペクトラム障害と診断されました。
 障害者雇用枠で就労開始しましたが、非常にミスが多くそのことを指摘されるとパニックになり、場に応じた考え、態度をとることができず仕事上孤立状態となりました。就労継続が困難となり、退職となりました。
 現在、日常生活においては母親が週2~3回手伝いに来てくれています。食事の準備、洗濯、掃除等母親が行っています。実質的には一人暮らしができていない状態であり、多くの援助を必要としています。

相談から請求までのサポート

 ご自身で請求を行い不支給決定が出た為、審査請求のご相談に来られました。初診が基礎年金でしたので2級以上なければなりませんが、診断書を拝見したところ2級レベルのものではありませんでした。審査請求・再審査請求を行っても恐らく認められないとご説明し、再請求を勧めました。

結果

 障害基礎年金2級が認められ、年額78万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864