左変形股関節症による人工関節装着で障害厚生年金3級を取得、年額72万円、遡及で45万円を受給できたケース

女性(40代) 会社員
傷病名:左変形股関節症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
受給額:年額72万円 遡及額45万円

相談時の相談者様の状況

 股関節の痛みを以前から感じていましたが、日常生活に支障なく過ごしていました。ある日転倒したことをきっかけに痛みが増すようになったため、自宅近く病院を受診しました。レントゲン検査を受けたところ左側股関節の変形が認められ、かなり進行していると言われました。その後経過観察をしていたところ、手術を勧められ人工関節装着術を受けました。退院後は経過良好で2ヶ月に1回観察を継続しています。

相談から請求までのサポート

 人工関節装着で障害年金が貰えると入院仲間にお聞きになりご相談に来られました。ご相談者様の場合、初診から人工関節装着日迄1年6か月ありませんでしたので、障害認定日の特例で装着日が認定日になります。認定日請求ができることを御説明したところご依頼になられました。

結果

 障害厚生年金3級を取得、年額72万円、遡及で45万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864