統合失調感情障害で障害基礎年金2級を取得、年額78万円、遡及で130万円を受給できたケース

女性(60代) 主婦
傷病名:統合失調感情障害
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年額78万円 遡及額130万円

相談時の相談者様の状況

 母親の看病による心労がありメンタルクリニックを受診しました。うつ病の疑いと診断されましたが、その後軽快したため、1回のみの受診でした。その後パソコンのサークルに通うなど、問題なく過ごしていましたが、ある日色々な強迫観念にかられ、他人との接触ができなくなりました。受診したところ躁うつ病と診断されました。社交的な性格だったのに、人を避けるようになり、ボランティア活動もできなくなりました。またパソコンやテレビの画面から監視されている恐怖感を覚え、使用できなくなりました。体調が良くならないので、紹介状を書いてもらい、転医しました。そこで統合失調感情障害と診断されました。通院等で家を空けると、人に入られてしまうという恐怖感を抱いて外出できません。日常生活もご主人のサポートが無いと過ごせない状態です。

相談から請求までのサポート

 外出できず引籠っている奥様の様子をご心配されたご主人がお電話をされてきました。事務所までお越しただくことが難しそうでしたので、お電話にてのご相談になりました。奥様の日常生活のご様子を詳細にヒアリングを行い、受給可能性についてお話をした所そのまま御依頼となりました。

結果

 障害基礎年金2級を取得、年額78万円、遡及で130万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864