遠位型ミオパチーによる肢体障害で障害厚生年金2級を取得、年額169万円を受給できたケース

男性(50代):休職中
傷病名:遠位型ミオパチー
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額:年額169万円 

相談時の相談者様の状況

 発熱し歩行困難となったため救急搬送されました。精密検査の結果、遠位型ミオパチーと診断されました。経過観察のため受診していましたが、特に治療方法もないとのことで、受診を中断しました。しかし徐々に歩き辛くなり、杖も使用するようになりました。ある日、転倒した際に右脚くるぶしを骨折し手術を受けましたが、ミオパチーのことを主治医に伝えたところ、同院内の脳神経内科に通院することとなりました。症状は徐々に進行しており筋力低下により歩行困難となっています。日常生活における多くのことに家族の援助を要しており、就労も不能となって休職しています。

相談から請求までのサポート

 弊社HPをご覧になり、お電話での面談となりました。下肢障害で身体障害者手帳2級をお持ちで、障害年金も貰えないかとのお問合せでした。現在は杖をついての生活で日常生活はかなり不自由そうでしたので受給可能性についてお話ししたところご依頼となりました。

結果

 障害厚生年金2級を取得、年額169万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864