額改定請求により、視神経脊髄炎による肢体障害で障害厚生年金2級から1級に等級変更され、年額175万円から219万円に増額されたケース

女性(50代)無職
傷病名:視神経脊髄炎
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金1級
受給額: 年額:219万円

相談時の相談者様の状況

 6年ほど前にご自分で障害年金を申請され、障害厚生2級を取得されました。しかし、ご自分では1級相当ではないかと思い、病院の先生や看護師さんに相談していたようでしたが、1級まではいかないと言われ、そのままにしていました。しかし更新時期が近づいた為、専門家の意見を聞こうと思い、お電話にてお問い合わせがありました。

相談から請求までのサポート

 先生は否定的な意見でしたが、終日車椅子生活でしたので、ダメでもともとで額改定請求を行ってみましょうとご提案したところ、ご依頼になられました。

結果

 額改定請求が認められ障害等級2級から1級に変更にされ、44万円増額となり年間219万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864