両変形膝関節症、変形性腰椎症で障害厚生年金3級を取得、年間58万円を受給できたケース

女性(60代)無職
傷病名:両変形膝関節症、変形性腰椎症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
障害厚生年金 年間受給額:58万円

相談時の相談者様の状況

老人ホームでの勤務中、おむつ交換時に腰を痛めてしまいました。

痛みは左膝にも発症し、湿布やマッサージを受けながら、働いていましたが、痺れや痛みがひどくなり、通勤も仕事も困難な状況になり退職を余儀なくされ御来所されました。

相談から請求までのサポート

初診は3年前でしたので、カルテは残っており申請的には特に問題はありませんでした。

しかし審査途中で追加の資料を求められたりしたため、決定まで9か月を要しました。

結果

結果、事後重症請求の障害厚生年金3級が決定し、年額58万円受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864