額改定請求で障害厚生年金2級から1級に改定され、年額174万円から219万円へ増額されたケース

女性(50代):主婦
傷病名:視神経脊髄炎
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額:年額219万円

相談時の相談者様の状況

 弊社HPをご覧になりメールにてお問合せになりました。現在障害厚生年金2級を受給中だが、身体障害者手帳が1級になったので、障害年金も1級にならないかとのご相談でした。そもそも障害者手帳と障害年金では制度も基準も異なるので連動するものではないとご説明いたしました。この点についてはご納得いただきましたが、病状が悪化しているのでチャレンジしたいとの強いご希望でしたので、難しいことはご納得済でご依頼されました。

相談から請求までのサポート

 更新のタイミングでの額改定請求でしたが、いずれにせよ診断書が大きく影響します。御依頼者様の日常生活状況を詳細にヒアリングし、診断書作成の資料に致しました。

結果

 額改定請求が認められ障害厚生年金1級を取得、年額174万円から219万円に増額改定されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864