脳出血による肢体障害と高次脳機能障害で障害基礎年金1級が認められ、年額120万円、遡及で180万円を受給できたケース

女性(50代) 主婦
傷病名:脳出血
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級
受給額:年額120万円、遡及額180万円

相談時の相談者様の状況

 夫が帰宅したところ、妻がぐったりしており、呂律が回らない状態となっていたため、救急搬送しました。脳出血であり、命に別状はないとのことでしたが、入院中はベッドに寝たきりの状態でした。高次脳機能障害により記憶障害、注意障害が出現するようになりました。
 退院する頃も左手はほとんど動かないままであり、退院後のフォローは近くの病院で受けることとなり、週4日の訪問リハビリを継続しています。左上下肢に著しい機能障害があり下肢補装具および車椅子を常時使用しています。また高次脳機能障害により記憶及び認知機能に著しい障害が出ており、日常生活は身の回りの事もほとんどできないため、常時の援助を要する状況です。

相談から請求までのサポート

 病院で障害年金のことをお聞きになり、御主人がお電話にてご相談になりました。奥様の症状をヒアリングしたところ受給可能性が高いことをお伝えしたところ、電話にて御依頼になりました。肢体障害に加え、高次脳機能障害も出ていることから肢体の障害と精神の障害の2傷病で請求致しました。

結果

併合認定で障害基礎年金1級が認められ、年額120万円、遡及で180万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864